オーガニックコットン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

What’s orgabits ?

オーガニックコットンは環境にいい…。それは誰もが何となく知っている。
じゃあ、なぜオーガニックコットンが良いの? 普通のコットンとは何が違うの…?
私たち一人ひとりが正しい知識を持ってオーガニックコットンを選ぶことで、
ちょっとずつだけど確実に、地球の未来へつながっていくことを忘れないでほしい。

なぜオーガニックコットンなの?

オーガニックコットンとは
農薬や化学肥料を3年以上使用していない農地で有機栽培されたコットン(綿花)のこと。
肌にやさしいと思われがちだけど、実はオーガニックコットンも普通のコットンも、原料の段階ではまったく同じ。
製品から感じる風合いの違いは、染色や生地の加工によるものなのだそう。

普通のコットンとの大きな違いは
それは環境への負荷が少ないということ。オーガニックコットンの栽培量が増えて有機農地が広がると、
水質が改善されて土壌が活性化され、CO2の削減にもつながる。さらには、農場で働く人々の農業被害の改善にも。
なんと世界中の半数以上のコットン生産者が、農薬による健康被害に苦しんでいるのだそう。

だから、地球にも人にもやさしい
栽培すること自体が自然や人にやさしいオーガニックコットン。
私たちがそれらのアイテムを選ぶことで、化学物質を使わない健康な大地を子どもたちに引き継ぎ、
地球や私たちの未来をぐんと明るくすることができる。

 

 

 

 

 

 

 

”オーガビッツ”で気軽に楽しく環境活動

オーガビッツはオーガニックコットンのブランド
農場で手間を惜しまず愛情たっぷりに育てられた、質の良いオーガニックコットンのみを使用しているブランド。
“オーガビッツ(orgabits)”には、オーガニックコットンを通して
みんなでちょっと(bits)ずつ地球環境に貢献しよう、という想いが込められている。

エコとファッションのコラボレーション
デザインが気に入って買った洋服に、たまたまオーガニックコットンが使われていた…、
そんなふうにトレンドやファッション性に妥協することなく、さりげなくエコを提案するのがオーガビッツのアイテム。
素材や色、デザインを楽しみながら環境活動に参加できるのが嬉しい。
http://orgabits.com/

 

 

 

 

 

 

 

 

チーム・オーガビッツ!オーガニックコットンの輪を広げよう

オーガビッツのオーガニックコットンを採用し、パートナーシップを結ぶブランドが増えている。
綿花や糸・生地・服を作る人、それを販売する人、購入して使う人、それら「チーム・オーガビッツ」の輪がつながることで、
初めてオーガニックコットンを通してのエコ活動が広がっていく。

 

みんなの想いをつなげてお客さまに発信

STUDIO CLIP/トリニティアーツ

ライフスタイル提案型のブランド「スタディオクリップ」も、オーガビッツのパートナー企業のひとつ。
昨年秋からオーガビッツとのコラボアイテムを製造、販売している。
今回、渡良瀬エコビレッジで和綿の種まきに参加したプレスの奥村佳代さんに話を伺った。
「オーガニックコットンってどんなふうに作られているの?という素朴な疑問から、
チーフデザイナーも含めて渡良瀬エコビレッジさんで昨年の秋、収穫のお手伝いをさせていただくことに。
そしてこの5月には種まきにも参加してきました。
実際に土に触れて、種を1粒ずつ蒔く作業、育った綿花を1つずつそっと手で収穫する作業を体験して感じたのは、
オーガビッツをもっと広めたいという想いです。
以前は、原料といえば糸からしか考えていませんでしたが、糸になる前の綿花やその種に触れることで、
改めてコットン農家の方の想いが伝わり、服づくりに対する姿勢がより深まったように感じています。
“心地よい暮らし”をコンセプトに掲げ、地域密着型でお客さまとの距離が近いスタディオクリップだからこそ伝えられることがあるはず。
これからもオーガビッツアイテムを通して、お客さまにきちんと発信していきたいですね」。

コラボアイテム

オーがビッツのアイテムは前シーズンも大人気。
ジーンズはLeeとのコラボアイテム。秋には新商品も

種まき

5月の種まきに参加。綿花の成長の様子はエコビレッジのブログでチェックできる

収穫の様子

昨年秋の収穫の様子。一番左が奥村さん。
エプロンいっぱいに綿花を摘むのになんと1時間もかかったそう

お昼ご飯

種まきの合間に有機米と有機野菜のお昼ごはんで一息

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「有機和綿」から広がる循環型の暮らし

NPO法人 渡良瀬エコビレッジ

日本の原風景に出合える場所、それが「NPO法人 渡良瀬エコビレッジ」。
栃木県の自然豊かな土地で、衣・食・住を通して“やまずめぐる(止まず巡る)”、つまり日本古来からある循環型のムダのない生活を目指している。
日本伝統工法の家があり、1974年から自然農法を続けている土壌があり、再生し維持管理している里山がある。
そして、この地で取り組んでいるのが、オーガビッツも支援する有機和綿の栽培、「しあわせのコットンボールプロジェクト」。
「2001年、40粒の種から和綿の有機栽培をスタートしました」と語るのはエコビレッジ事務局の町田佳子さん。
「かつて日本各地で盛んに栽培されていた和綿は、洋綿に比べて油分が多く、例えば布団などに使うと湿気をよく吸収し、
干すと弾力が復元するなど、もともと日本の気候、日本人の生活には合っているんです。
でも、生産性の低い綿花の栽培は日本では徐々に行われなくなり、和綿そのものが姿を消そうとしています。
そんな和綿を次の世代に伝えていきたいという想いで始めたのが、このプロジェクトです。
有機栽培で、しかもすべて手作業で行っていますから手間はかかりますが、和綿のTシャツや和綿のストールを商品化するなど、少しずつ活動を広げています」と町田さん。
種まきや収穫、綿くり(綿と種を分ける作業)や糸紡ぎ、座布団づくりなど、一連の流れが体験できるイベントも開催されているので、コットンを巡るストーリーを体感してみては。

田園風景

里山のふもとに広がるどこかなつかしい田園風景

伝統工法の家

代表の町田さんが自ら手がけた日本伝統工法の家

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特定非営利活動法人
渡良瀬エコビレッジ

 

栃木県栃木市藤岡町大前1729-1

http://blog.canpan.info/watarase/

○田植えや稲刈り、ツリーハウス体験などのイベントも開催。内容はその年によって異なるが、2012年9月中旬〜下旬には稲刈りを行う予定。

○賛助会員募集中!

(グラスルーツ 編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事