Life tool transmitted for a long time
掃除機に洗濯機、今は何でも機械化されて便利になったけど、
日本には昔から大切に受け継がれている生活道具がある。
それらはどれも機械にはない利点があって、環境にやさしく、それゆえ今の時代でも、
暮らしにこだわる人たちの間で愛され続けている。
昔の形のままで残っているもの、機能はそのままでデザインや素材が新たに生まれ変わったもの…。
ぬくもりのあるさまざまな生活道具を見直して、今の暮らしに上手に取り入れてみよう。

green style main

湯たんぽ湯たんぽ
いまは湯たんぽがブーム。エコアイテムな上にそのぬくぬくとした自然な暖かさが人気の秘密。足元に置いたり抱えているだけで体中がぽかぽかと温まり、なにより電気式のものと違って空気を乾燥させず肌にやさしいのが嬉しい。昔懐かしのブリキ製から陶器、銅、プラスチック、電子レンジで温めるタイプまで、素材もさまざま。ちょっとおしゃれな湯たんぽカバーがあれば、さらにほっこり感が増してくる。羊のようにモコモコとしたものや手編み風のもの…、あなたならどれを選ぶ?
木製のボタンが可愛い手編みのあったか湯たんぽカバー(フェアトレード製)3,200円 / ピープル・ツリーhttp://www.peopletree.co.jp/
カバーを脱いでもおしゃれなポリ湯たんぽ 2.5L 2,604円/キューズベリーhttp://yutanpo-cuseberry.com/

七輪
日本で古くから愛されてきた七輪。その機能性と手軽さで、最近はキャンプ場や家の庭で愛用するファンが増えているそう。しかも魚を焼くだけが七輪じゃな い。厚手の鍋を使えば煮る、蒸す、揚げるなど料理の幅も広がる。ソーセージやお肉を焼いたり、パエリアやオイルフォンデュなど、いろんなレシピにトライし てみよう。

木のまな板木のまな板
簡単に汚れが落とせる洗濯板は、まさに昔の人の知恵から生まれた生活の道具。今でも靴下やシャツの襟、袖などを洗うときにはとっても便利。洗濯機では落ちないような汚れもしっかり落としてくれる。洗面所やお風呂でのちょこっと洗い、一人暮らしの人にもおすすめ。昔ながらの木でできているものや、旅先でも使えるおしゃれなミニサイズまで種類もいろいろ。
国産高級材のマカバ(真樺)から作られた親子3代で使える「おさかなの洗濯板」10,500円/がんこ本舗 TEL.0120-082-369

洗濯板洗濯板
簡単に汚れが落とせる洗濯板は、まさに昔の人の知恵から生まれた生活の道具。今でも靴下やシャツの襟、袖などを洗うときにはとっても便利。洗濯機では落ちないような汚れもしっかり落としてくれる。洗面所やお風呂でのちょこっと洗い、一人暮らしの人にもおすすめ。昔ながらの木でできているものや、旅先でも使えるおしゃれなミニサイズまで種類もいろいろ。
国産高級材のマカバ(真樺)から作られた親子3代で使える「おさかなの洗濯板」10,500円/がんこ本舗 TEL.0120-082-369

はたき
雑巾では拭きにくいような本棚や高いところのホコリもきれいに取ってくれるすぐれもの。昔はほうきで畳や床を掃く前に、はたきで家具や壁のホコリを落としていた。最近はカラフルな布で作られたはたきもあって、自分の好きな布に取り替えて“マイはたき”を作ることも。

ほうき&ちりとりほうき&ちりとり
1000年以上その形がほとんど変わっていないほど完成された実用的なアイテム。掃除機のようにホコリや音も出ないので時間を選ばず、必要なところだけをササッと掃くことができて、すき間の掃除もしやすい。職人がほうき草をていねいに編んで作ったものなら10年ぐらいは使用が可能。草がすり減ってきたらハサミで切りそろえ、短くなったら外用に。ちりとりも、天然の塗料で作られた紙製の「はりみ」なら静電気がおきず、集めたゴミが表面にまとわりつかない。

ちょっと掃くのに便利な「おてがる箒」4,200円、「カシミヤブルーム」2,205円、柿渋仕上げの紙製チリトリ「はりみ(大)」1,350円/白木屋傳兵衛 TEL.03-3563-1771
はたき 480円/ナチュラルクラフトショップ

ナチュラルクラフトショップ
日本の手仕事を伝えていきたい
ナチュラルクラフトショップ
青山通りに面した国連大学前の広場で毎週末開かれるファーマーズマーケット。とれたてのみずみずしいオーガニック野菜や果物を求めて、たくさんの人が訪れる。その一角にあるのが「ナチュラルクラフトショップ」。モロッコやケニヤのかごバッグなどのほか、主に日本の職人たちが丹精込めて作った質のいいクラフト商品を選りすぐって販売している。あけびかごや、かごバッグ、ザルやホウキといった日本の台所用具や掃除用具など、日本の各地から集められたアイテムはどれをとっても、どこか懐かしさや温かみがあって、使い込むほどにしっくりと馴染んでくるものばかり。ていねいに作られたもの、ずっと長く使えるものを次の世代に伝えていきたい…。一つひとつの商品にはそんな想いが込められている。

ナチュラルクラフトショップ。毎週末土日の10時〜16時、青山・国際連合大学前広場のファーマーズマーケット@UNUにて開かれている。  http://www.naturalcraftshop.com/
(グラスルーツ 編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事