電気ポットってすごく便利。いつでもお湯がわいているから、好きなときにお茶が飲めるし‥‥。でも、ちょっと待って。電気ポットで1日2回、満杯のお湯を沸かし、1日中高温に保つとすると、大型冷蔵庫を超える電力を使うことになるって知っていた?オフィスなどで大勢の人が飲む場合は仕方がないけれど、自宅でお茶をいれるときは、必要な量のお湯だけを「やかん」でわかす方が、ずっと使用エネルギーが少なくて済む。また、コーヒーメーカーでいれたコーヒーも長時間保温しておくと、同じように大きな電力を消費する。できればすぐに、保温性の良いステンレスのボトルやサーモマグなどに入れ替えておこう。時間に余裕があるときは、やかんを火にかけて、湯気がシューシュー立ちのぼる傍らでコーヒー豆をミルでゴリゴリと挽き、コポコポとていねいにコーヒーを入れて、お気に入りのカップでゆっくり味わってみたい。そんな心の贅沢が時には必要だから。
(グラスルーツ 編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事