鎌倉と一口に言っても、その地区ごと、そこに暮らす人ごとに味わいがある。
古き日本の風情を大切にする地、ナチュラル素材を好むライフスタイル、
年齢問わず海に抱かれ一日をスタートさせ一日を終える日常。
人を魅了する街・鎌倉の風を、感じてみたい。

 JR横須賀線に乗り大船駅を過ぎたあたりから、途端に車窓の外に緑が増える。北鎌倉駅に到着した電車の扉が開くと、風に揺られざわざわと音をたてる葉の音と共に、新緑のにおいが届く。濃厚な空気。そして扉が閉まり、次の到着駅である鎌倉駅に電車がすべり込む。ホームへ降りると、今度はどことなく潮のかおりが漂っている。自然と呼吸が深くなる。身体のすみずみが、ここの空気を欲しているようだ。

 古都・鎌倉には、通年多くの観光客が訪れる。都内から1時間足らずで来られる立地のため、日帰りで楽しめる近郊の観光地として有名だ。春は桜吹雪のシャワーを浴びながら参道を歩き、お寺の境内にしおらしくも堂々と咲く紫陽花は、籠りがちな梅雨の時季の楽しみを与えてくれる。夏には、ギラギラとした太陽の日差しを受けながら海に入り、ひとときの賑わいを満喫する。そして、目の覚めるような紅葉が眩しい秋、冬の澄んだ空気の中歩く浜辺…。季節ごとの表情を楽しみ、季節と共に歩んでいく。その大切さを、この街は教えてくれる。

 観光地とはいえ、都内への通勤も可能な距離であることから、わざわざ都内から鎌倉へ移り住む人も少なくない。特に、デザイナーやアーティストなど、クリエイティブな職に関わる人も多い。創造力をかき立てる、鎌倉が放つ独特の空気感に魅せられたからだろう。

 日本家屋が多く残り、120近い寺院が点在するこの街では、歴史ある日本らしさを感じざるをえない。そこに、どこか落ち着きと懐かしさを覚えるのは、日本人のDNAが刻まれているから。落ち着きを取り戻し心静かになることで、余計な雑念を拭い取り、ひらめきを得ることができる。そして、海へ近づくと、潮風の動きを感じ、太陽の位置で大体の時間を認識し、潮の満ち引きで暦を知る。夜になれば、街灯ではなく月明かりが足下を照らし、満天の星空が明日の天気を語る。自然との距離が近い暮らし。それは、人間の中に備わっている本能が呼び覚まされ、感覚が研ぎ澄まされていくこと。だからこそ、常に感性が刺激され豊かになる。

 潮風と木々のにおいを感じながら暮らす鎌倉の人々にとって、自然がある暮らしは当然であると同時にとても大切なこと。それを実感しているからこそ、自然を愛し慈しむ心が芽生える。
桜吹雪が舞い、新緑が風に揺れ今日もざわざわと音を鳴らす。鎌倉が一段と開放的になる夏まで、あと少し。それまで、移りゆく自然の美しさを堪能しよう。


©(社)鎌倉市観光協会

◇ MUSIC|Kazz「Guitalele TRIP」

海辺を走る134号線沿いのカフェなどで定期的にライブを行い、地元の海好きな人の間では有名なギタリストKazz。世界中を旅し様々な音楽を吸収してきた彼が辿り着いたのが、アコースティックの音色。自然に通じるオーガニックなギターの音色が、海辺の情景を描く。このギターの音色を聴くと、とても優しい気持ちになれる。海に沈む夕陽を眺めながら、ビール片手にゆったりと聴きたい。

Kazz「Guitalele TRIP」(2,000円/AHORA RECORDS)

◇ DVD|「晩春」

日本が誇る映画監督・小津安二郎による1949年公開映画。原節子演じる娘の結婚を巡り、鎌倉に暮らす父娘の愛情を描いた作品。冒頭は北鎌倉駅のシーンでスタート。着物姿が似合う風情ある鎌倉の街路と、モノクロの映像がマッチし、粋な雰囲気。父が娘を嫁に出す悲哀感、ローアングルでの切り返しや多くを語らず空気で語る小津スタイルが確立されている。時代は変われど、この雰囲気が鎌倉には残っている。

DVD発売中 ¥3,990 発売・販売元:松竹©1949 松竹株式会社

◇ BOOK|「海街diary」吉田秋生

子供時代鎌倉に暮らしたことのある漫画家・吉田秋生が描く、鎌倉を舞台にした作品。極楽寺駅近くの古民家に暮らす三姉妹のもとに異母妹のすずが引っ越してきたことで、物語が進む。“江ノ電”沿いの駅や鎌倉市内の各所が丁寧に描かれており、鎌倉の情緒が伝わってくる。95年の発表作品「ラヴァーズ・キス」の登場人物ともリンク。深い心情描写に、心揺さぶられる。

「海街diary」吉田秋生 (1〜3巻 各530円/小学館)

◇ ITEM|「マルチミックス ラフィアバスケット」

鎌倉在住のかご作家・takanecoデザインの2011S/Sバスケット。フィリピン産のラフィア(ヤシの葉の繊維)を使ったバッグ。自然素材のラフィアで作るtakanecoのかごやバッグは、丈夫で長く愛用できること、また温もりのある感触と自然の風合いが特徴。自然と共に暮らすライフスタイルにぜひ取り入れたい。鎌倉のアトリエと青山でもかご作り教室を開催中。

「マルチミックス ラフィアバスケット」(左・小10,000円、右・大13,000円 /Aterier takaneco)


「takaneco」
鎌倉市大町1-16-19 KAYA gallery+studio 2F 

URL http://takaneco.exblog.jp/

◇ BAKERS|窯 GAMA

オープンと同時に列ができる程人気のパン屋&カフェ。古音楽をBGMに、ひとクセある味のある内装に並ぶパンは、どれも強烈に美味しい。卵や牛乳は使わず、小麦をはじめ素材の生の味が存分に味わえる。オリジナルの酵母で作られており、素材一つ一つの持つ味と力強さに驚く。素材の美味しさに感謝の気持ちを感じるはず。

『左』くるみとショコラカンパーニュ1995(4.4円 / g)『右』オーガニックカニューナッツ オレンジチョコのライ麦パン(3.9円 / g)

「窯 GAMA」
鎌倉市材木座5-14-18 TEL.0467-73-7076 

URL http://www.ngama.com

(グラスルーツ 編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事