g14_gc_thumbnail

神秘の象徴であり、すべての源である、宇宙。
母なる地球を包み込む宇宙と、わたしという存在は、どんな関係なのだろう。

2013年2月、ロシア南部に巨大な隕石が落下したというニュースが世界中に走った。思わず空を見上げる。遠く高いこの空の向こうには、何があるのだろう。そこから見るわたしという存在は、どう映っているのだろう。いつか行ける日が来るだろうか。そのとき、目の前にはどんな景色が広がっているのだろう―。宇宙への想いはつのるばかりだ。
人間は、過去300年にわたり、科学で「宇宙」を解明してきた。時代を経て、最先端技術の開発やさまざまな角度から解明する思想により、従来の信念を打ち砕く声が沸き起こる。学術専門誌ではこんな実験発表がなされた。「“物”と“物”の間にある空間は空っぽであるというのは、真実ではないこと。そして、感情や信念という私たちの内的経験が、身体を超えた世界に影響はないという考えは正しくない」。つまり、空っぽの空間だと思っていた所が知的なエネルギーで満たされており、このエネルギー場に浸っている私たちの感情や信念に、エネルギー場が反応するという。これが証明するのは、私たちの感情や信念、そうして起こる日常現実の背後に、宇宙がいるということだ。
g14_gc_ph01 このあたりは、大きな論争となっているようだ。アルバート・アインシュタインは、「私たちは宇宙全体にほとんど影響を及ぼすことはない」と述べている。しかし、アインシュタインの同僚であり名誉ある物理学者ジョン・ホイーラーは、「私たちは意識を介し宇宙の創造に参加している」という。彼は、これを「参加型宇宙」と呼んでいる。広大な宇宙に、波動や粒子に、わたしが影響を与えているのだろうか。そうだとすれば、宇宙との向き合い方、わたしという存在意義が根本から変わるように思う。
地球、星、空気、植物、人間…。すべての“存在”には、自然のルールに沿ったパターンがある。たとえば、水。2つの水素原子(H)と1つの酸素原子(O)が常に同じ角度で結合し、水分子(H2O)となる。このパターンが崩れることはない。自然界のすべて、人工的なもの、私たちのすべては、原子の組み合わせでできている。その組み合わせは、パターンだ。宇宙は、ほんの数個のパターンからできていて、組み合わさっているだけ。つまり、それを解けば単純でシンプルな形に戻るのだ。ホイーラーは「きっといつの日か…私たちは、すべてがとてもシンプルで美しいという中心となる概念を把握するだろう」と述べる。複雑さが解けた先の、引き算をして現れる美意識。シンプルで美しい宇宙。
g14_gc_ph02 量子論のマックス・プランクは、1944年の講演でこう語った。
「すべての物質は、原子の粒子を振動させ、極微の原子の太陽系を維持させる力によってのみ生じ、存在するのです。この力の背後に意識を持った知性的な心が存在していることを想定せざるを得ません。この心が、すべての物質のマトリックスなのです」。
ホイーラーの「参加型宇宙」に通じる宇宙論。つまりは、私たちが宇宙の波動や粒子に直接影響を及ぼし、私たちの信念に宇宙が反応するということ。これが真理なら、私たちがこの瞬間にどんな信念を持つか―笑顔でいるか、平和を望むか、愛で満たすか―それが宇宙に映され描かれるということだ。そう、私たちは、誰もがコズミックアーティスト。

引用文献 : 『宇宙のマニュアル』グレッグ・ブレイデン 著/菅靖彦 訳(ソフトバンククリエイティブ)

文:沢田 美希(ASOBOT)

———————————————————————————————————————————————————–

EVENT

「つながり」プロジェクト「Geo-Cosmos」 (日本科学未来館)

「つながり」プロジェクト「Geo-Cosmos」
(日本科学未来館)

未来館のシンボル展示である地球ディスプレイ「Geo-Cosmos」が、新上映プログラムをスタート。『軌跡〜The Movements』は、太古から今に至るまで続く人類の移動の軌跡を体感できる。さらに、Geo-Cosmosを囲む空間に流れる音楽を、デトロイトテクノのパイオニア、ジェフ・ミルズが担当。宇宙をテーマに音楽を追求してきた彼だからこそ表現できるサウンドトラックを感じながら、地球を眺めたい。

http://www.miraikan.jst.go.jp/

———————————————————————————————————————————————————–

MUSIC

DE DE MOUSE「sky was dark」 (2,100円/not records)

DE DE MOUSE「sky was dark」
(2,100円/not records)

ダンスミュージックシーンのみならず、美しい世界観と童話を紡ぐようなミュージックジャーニー、浮遊感漂う音の世界で、各方面から話題を集めるDE DE MOUSE。プラネタリウムを会場にしたLIVE公演は、夜空や宇宙への憧憬の想いを形にし、人気を呼んでいる。昨年立ち上げた自身のレーベルからリリースされた4枚目のアルバムが「sky was dark」。ある夜を綴る、物語性溢れる一枚。ノスタルジーで美しい孤独な世界へ誘われる。

———————————————————————————————————————————————————–

CINEMA

『宇宙(そら)へ。挑戦者たちの栄光と挫折』 (Blu-ray 4,980円/発売中/発売・販売元 : (株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)

『宇宙(そら)へ。挑戦者たちの栄光と挫折』
(Blu-ray 4,980円/発売中/発売・販売元 :
(株)ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)

かつて『ディープ・ブルー』『アース』と、ドキュメンタリー映画を手掛けてきたBBCが次に挑んだテーマが“宇宙”。今作は、NASA50年の軌跡とともに、宇宙へ挑んだ尊い命と精神を追った映画。設立当初から記録として撮られていたNASAのフィルムにアクセスし、秘蔵映像で構成されている。そこにあるのは、宇宙の圧倒的な美しさと、挑み続ける人間の壮絶な挫折と情熱。観終えると勇気が沸いてくる作品。

———————————————————————————————————————————————————–

BOOK

『心ときめく宇宙の法則 プレアデスからの   愛のメッセージ』メグミン (1,365円/アーバンプロ出版センター)

『心ときめく宇宙の法則 プレアデスからの
愛のメッセージ』メグミン
(1,365円/アーバンプロ出版センター)

1日5000ビューという人気ブログを書いている著者による書き下ろしメッセージ。太陽系のサイクルにより水瓶座へと突入し、新たな時代を迎えた地球へ向けて、プレアデス星団(昴)からのメッセージを綴っている。スピリチュアルなことに造詣の深い人はもちろんだが、馴染みのない人にとっても日常において心にすっと染み込む言葉が印象的。宇宙の創造に加わっている私たちに、愛をもって地球で生きるヒントを与えてくれる。

———————————————————————————————————————————————————–

ITEM

ネイルポリッシュ 「ACROSS THE UNIVERSE」 (3,045円/(株)PCEジャパン)

ネイルポリッシュ
「ACROSS THE UNIVERSE」
(3,045円/(株)PCEジャパン)

全米で最も有名なNYのネイリスト、デボラ・リップマンのポリッシュは、品質原料へのこだわり、美しい発色、エレガントなラインでヒットアイテムに。曲名やひねりの効いたフレーズをつけたタイトルにもセンスが光る。ビートルズの名曲を思い出す「ACROSS THE UNIVERSE」は、深いブルーベースに、ブルーとグリーンのラメが輝く。宇宙を漂うような深い色味と神秘的な美しさを、ネイルで表現できる。

http://store.lippmann.jp/

(グラスルーツ 編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事