オーガニック野菜と発酵キャベツのボルシチ

北海道十勝の野菜をふんだんに使った東欧スープは
何よりも贅沢なスーパーフード。

東欧ルーマニアで生まれ育ったアディナさんが作るスープは、
彼女のおばあちゃんのアンナさんから伝授された心に染み入る深い味わい。

11年前に移住してきた北海道の地で出合ったオーガニック野菜を贅沢に使った
「食べるスープ」で、 今回EXPOのオーガニックフードスタンドにデビュー。

この機会に東欧のスープの魅力に触れてみては。

3つの自然のサイクルと4つのエレメントに基づいた食で
ココロと体のバランスを整える

ルーマニア出身のアディナさんの現在の活動拠点は北海道十勝。
平地のおよそ半分が農地という環境の中、自然との共生と調和を
大切にしているオーガニック野菜の生産者たちと共に、
料理を通して健康と幸せ、自然環境を守る持続可能な活動を広めています。

東欧ルーマニアで生まれ育ったアディナさん

東欧ルーマニアで生まれ育ったアディナさん

アディナさんが北海道に移住してきたのは家族の喘息やアトピー、

自身の体調不良など健康被害が大きな理由でした。
大自然に囲まれた北の大地で、それまで興味もなかった料理をはじめとする
ナチュラルライフに触れ、生活が一変したのは言うまでもありません。

「北海道に移り住んで実感したことは、人は自然の一部であるということ。
自然から生まれて自然に還る。
その自然な流れに沿って調和していくことが大切なのだということです。

この自然の摂理に逆らうと病気や精神的ストレス、
それ以上に大きな環境問題となって返ってきます。

東欧では昔から自然を大きく3つのサイクルに分けてとらえてきました。
季節(1年)、月の満ち欠け(1ヵ月)、Day&Night(1日)。

このサイクルのメカニズムを活用し、
そこから引き出されるアドバイスを参考にしていけば、
自然と調和しながら心地よく生きていけることに
改めて気づかされたのです」とアディナさん。

beets

季節(1年) = 春、夏、秋、冬
月の満ち欠け(1ヵ月) = 新月、上弦、満月、下弦
Day&Night(1日) = 朝、昼、夕方、深夜

人生と共にある東欧のスープ文化に
シュタイナーとユングの思想を組み合わせて

この土地へやってくるまで全く料理をしてこなかったというアディナさん。
家族の健康を願った時によみがえったのは、
彼女の記憶の中にあったアンナおばあちゃんのスープの味でした。

東欧のルーマニアはまさにスープの国。
赤ちゃんが母乳の次に口にするのが野菜だけを煮込んだ具のないスープ。
そして成長過程に応じてスープの種類は増え、高齢期を迎えるようになると
再び赤ちゃんだった頃のシンプルなスープに戻っていきます。

こうした人生と共にあるスープの味を
幼い頃よりアンナおばあちゃんから教わっていたアディナさん。
長い時間をかけて丁寧に作られた愛情いっぱいの料理はただ美味しいだけでなく、
健康なカラダとココロをつくるかけがえのないものだということに、
30年以上経った今、北海道のこの地で知ることになったのです。

オーガニック野菜と発酵キャベツのボルシチ

オーガニック野菜と発酵キャベツのボルシチ、風土火水の天然酵母の石窯パン「十勝」、オーガニックひよこ豆&パプリカピクルスのペースト、オーガニックキャロットサラダ

こうして家族は健康な生活を取り戻し、
アディナさんはアンナおばあちゃんから伝えられた教えに、
有機農法であるシュタイナー農法(バイオダイナミック農法)や
ユングの思想を組み合わせたオリジナルオーガニック料理教室の主宰や
レストランメニューのプロデュース、商品開発など、料理研究家として
幅広く活動するまでになったのです。

「現在、月に3回ほどのペースで帯広、札幌、旭川と料理教室を開いています。
中でも人気が高いのが東欧でもポピュラーな発酵食の教室。
先日開催した発酵マスタードの教室はキレイを求める女性たちでいっぱいでした。

相変わらずアトピーやアレルギーの人が多い中、
内側からキレイになるレシピは関心が高いですね。
また、働く女性が手間をかけずに作れる保存食や、
自身が元気になるメニューも考案しています。

子供のせい、時間のせいにするのではなく、応用力を育み、努力することが大切。
これからもそんなレシピと共に私のメッセージを発信していきたいと思っています」

次女のステラちゃんと一緒に十勝平野を見下ろせる共働学舎新得農場内の丘の上でピクニック

次女のステラちゃんと一緒に十勝平野を見下ろせる共働学舎新得農場内の丘の上でピクニック

 

横山 アディナ氏 / ダイナミックステラキッチン

「ほんもの料理」研究家、
ホームメイド通販カフェMamaMareプロデューサー、
北海道ほんものヴィレッジ実行委員長、
十勝オーガニックヴィレッジ実行委員長。
2013年には著書「東欧のおばあちゃんが教えてくれた、
野菜でつくる美人スープ」(学陽書房)を出版。
http://adina-style.com

 
(グラスルーツ 編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事