g13_ga_rc_01

様々な国、様々な人。ハーブや食がつなぐものがたりをご紹介。

グッドハーブ

メキシコでも有数のハーブ研究者のララが認知症と診断された日から始まった、ララと娘ダリアの葛藤の日々。ララは自分が壊れていく恐怖を落ち着かせるため自ら研究したハーブを試すが、母娘に残された時間はそう長くはなく、深い悲しみを前に惑う。そして最後に母が娘に教えたのは心に効くハーブだった。ラテンミュージックがゆったり流れる中、自然や家族への想い、社会問題への憤り、認知症・介護、自立など、誰もが身近に抱えるテーマをマリア・ノバロ監督独自の観点で映し出している。

DVD発売中 (5,040円/発売元:ティーオーエンタテインメント)

g13_ga_rc_02

エル・ブリの秘密 世界一予約のとれないレストラン

2011年夏に惜しまれつつ閉店を告げたのは、年間200万件もの予約が殺到するというスペインの三ツ星レストラン「エル・ブリ」。1年のうち半年しか営業せず、休業期間を翌シーズンの新メニュー開発にあてるという、そんな“伝説の厨房”を追ったドキュメンタリー。真空化、球体化、フリーズドライなど、化学実験さながらの光景もあり、料理はアートであるという解釈に改めて気づかされる。「驚きを悦びに!」と料理界に変革をもたらしたオーナーシェフ、フェラン・アドリアの強い意志を、全編にわたり感じさせてくれる。

DVD発売中(5,040円/販売元:角川書店)

http://www.elbulli-movie.jp/
イラン式料理本

g13_ga_rc_03イランを代表するモハマド・ジルワーニ監督が、自身の家族や友人の女性たちにカメラを向けた。100歳目前の女性、主婦歴40年の女性、現代の若い女性…。背景はそれぞれの家庭のキッチン。料理をしながら語るのは作り方や自分自身のこと。映画に映るのはたったそれだけなのに、そこから浮かび上がるのは、男と女、家族というドラマ、そして、イラン社会の今と昔。凝った映像など皆無と言っていいほど淡々とした演出の中から、イランの文化や社会情勢までもが垣間見えるユニークなドキュメンタリー。

【全国順次公開中】

http://www.annieplanet.co.jp

(グラスルーツ 編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事