ウインドーフィルムで断熱対策
夏涼しく、冬は暖かい!

日が当たる窓際の席が暑いので冷房の温度を下げると、日の当たらない奥の席が寒い…。そんな場合は、窓に「断熱フィルム」を貼ることをおすすめしたい。すぐれた断熱性と遮光性を持つウインドーフィルムは、夏は窓際の温度上昇を抑え、冬は室内の暖かい空気を外に逃がさない効果があるため、冷暖房の効率をアップさせて室内の温度の平均化を図ることができる。UVカット効果やガラス飛散防止効果も高く、窓ガラスが割れにくくなるため防犯対策、地震対策にもつながるので試してみよう。

内照看板なら新照明システム「モノキュート」
LEDより低価格で省エネ&長寿命!

内照看板は、夜間でも明るく照らして店の存在をアピールしてくれる大切な存在。ただし、消費電力のコストに加え、蛍光管の取り替えなどメンテナンスコストもかかる。そこで最近注目され始めたのが「モノキュート」。LEDも省エネ・長寿命で知られているが、実はLEDはコストがかなり高い上に、照度が足りず明るさに欠けるという弱点がある。それに比べてモノキュートはLEDの30〜50%と低価格で照度も高い。しかも従来の蛍光管に比べて消費電力は約50%、寿命は約3倍の36,000時間以上。まさにLEDの弱点を克服し、省エネ&長寿命を実現した画期的な商品だ。


(グラスルーツ 編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事