Furniture Green  緑の家具

この秋に開催されたコンテンポラリー・インテリア・デザインのイベント「100%Design Tokyo」にて、プラントデザイナー、諏訪晴美氏のプロデュースによる巨大なアート「GREEN CUBE」が出現し、注目を集めた。これはイベント用に制作されたものだが、最近、新しい商業ビルなどでも屋上庭園や壁面の緑化が話題を呼んでいる。「リプレ」はそんな都市緑化の発想をインドアに取り入れた新時代の「緑化家具」。圧倒的な個性を放つこのシェルフは、省スペースでも豊かな緑を演出することができ、室内にいながら植物の呼吸を肌で感じることができる。用途に合わせてディスプレイ棚やマガジンラックを組み合わせることも可能で、パーテーション機能を兼ね備えるなど実用性も抜群。2週間に1度のメンテナンスも付帯するので手間がかからず、いつでも生き生きとしたグリーンが楽しめる。どんな植物を入れて何をディスプレイするかはアイディア次第。オーダーメイド感覚でグリーンを演出してみよう。

※リプレに関するお問い合わせ:東邦レオ(株)
http://www.indoor-green.jp

約20種類の植物を組み合わせて作られた2m角のGREEN CUBE

本体フレームに貯水棚を設置し、ポットを載せて植物を育成する緑化家具「リプレ」はレンタルも可能(規格品で月々約3万円)。カフェや美容室などの店舗でもインドアグリーンは広がっている。
(グラスルーツ 編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事