g13_sa-1_thumbnail_img

食べて、きれいになるということ。

 

私たちのカラダは食べものからつくられている。当たり前のことだけど、毎日意識している人は意外と少ない。でも、美味しいもの、安心安全なものを食すると、カラダが素直に喜ぶのは誰もが実感できるはず。毎日口にするものだから、きちんと選んで、大切に育てられたいのちを丁寧に味わいたい。そうすることで、カラダの中からしなやかな美しさと元気がよみがえり、毎日がきっと豊かなものになっていくに違いない…。 今号の特集は「食」。インナービューティのための様々なコンテンツをご紹介します。

大地にしっかりと根を張る春の大根畑

大地にしっかりと根を張る春の大根畑

美しさの源、安全で美味しい食べ物をお届け! 01

農薬はもちろん肥料も使わず、自然に添って育てる「自然栽培」を広めるために、25年以上も前から様々な活動を行っている「ナチュラル・ハーモニー」。その農法やこだわりとは?

大地の生命力をカラダにとりいれて。
自然栽培から生まれたこだわりの野菜たち

ナチュラル・ハーモニー 河名 秀郎さん

ナチュラル・ハーモニー代表の河名 秀郎さん

ナチュラル・ハーモニー代表の河名 秀郎さん

「農業に興味を持ち、会社を辞めて千葉の農家で1年間研修を受けたのが25歳のときのこと。そこで自然栽培と出合って感銘を受け、世界中にこの持続可能な農法を広めたいと一念発起。中古のトラックに農家から仕入れた野菜を詰めて販売を始めたのがスタートでした」と河名さん。現在は、約100軒もの自然栽培や有機栽培の農家と提携し、卸売りのほか直営店を5店舗展開。自然栽培の野菜やお米だけを扱う宅配サービスを行うほか、全国で講習会を開いたり、自然栽培の普及のために農家を支援するなど、幅広い活動を行っている。

「自然栽培では、育てた野菜から翌年蒔く種を自分で採種(自家採種)します。当たり前だと思うかもしれませんが、実は、買ってきた種を植える農家が多いのが現状なのです。肥料を一切与えない自然栽培で育った種は、病気や虫に強くなっていくので、最終的に農薬に頼る必要がなくなります。また、自家採種を継続するうちに、種がその土地の気候や風土を記憶するため、土としっくりなじみ、年数を経るごとに質のよい作物が育つのです」と河名さん。大地の力、太陽の恵み、水と空気だけで育った野菜は、まさに地球の生命力そのものだ。

見た目はやや小ぶりだけど、ひとくち食べると味がギュッと詰まった野菜本来のやさしい味がする自然栽培の野菜

見た目はやや小ぶりだけど、ひとくち食べると味がギュッと詰まった野菜本来のやさしい味がする自然栽培の野菜

ナチュラル・ハーモニーの店舗では野菜のほかにも、作り手の顔や様々なストーリーが見えてくるような、こだわりの品々が並んでいる。加工食品は種類も豊富で、なかでもデトックス効果があって美肌づくりや健康維持には欠かせない発酵食品は人気だそう。オリジナルの醤油や味噌、お酢はどれも自然栽培原料と天然菌で作られている自慢の逸品だ。

また、厳選されたオーガニックの石けんやシャンプーなども販売している。「シャンプーなど皮膚から吸収するものは排泄されにくいので、食材と同様、きちんと選ぶ必要があります。カラダの中からも外からも健康できれいになれるような、そんなナチュラルなライフスタイルを提案していきたいですね。そして、みんなが野菜をきちんと選ぶことによって、健康を維持し、日本の農業が明るくなり、地球が美しくなるということを、もっと知ってほしい。自然栽培はそんな持続可能な農法なのだということを多くの人に伝えていくのが使命だと思っています」。

ナチュラル・ハーモニー
http://www.naturalharmony.co.jp
新規就農者の不破孝太さんも自然栽培に取り組む一人

新規就農者の不破孝太さんも自然栽培に取り組む一人

オリジナルの加工食品もいろいろ

オリジナルの加工食品もいろいろ

ナチュラル・ハーモニーの提携農家の一人、高橋 博さんは、千葉県富里市で30年間も自然栽培にたずさわっているパイオニア的存在。「安心安全な食材と世間はよく言うけれど、そもそも安全なものを作るのは当たり前。だって口の中に入るものですから。私はごく普通のこと、当たり前のことをずっと続けてきただけですよ」と高橋さん。他から何も持ち込まない、ひとつの土地で循環させる農法の自然栽培では土づくりがとても重要。高橋さんの畑の土には30年分の「美味しい」が詰まっている。

自然農法成田生産組合の高橋 博さん

自然農法成田生産組合の高橋 博さん

高橋さんが作る「フルーティ人参」はフルーティな香りで果物のような甘さ

高橋さんが作る「フルーティ人参」はフルーティな香りで果物のような甘さ

レストラン 日水土(ひ・みず・つち)

ナチュラル・ハーモニーではレストランも3店舗展開している。今回訪れたのは、昭和4年の民家を改築したというナチュラル&ハーモニック銀座店の2階にある「日水土(ひ・みず・つち)」。階段を上ると、無垢の杉の床材と漆喰の壁で居心地の良い空間が広がる。野菜の奥にあるうまみを上手に引き出し、素材の味を最大限に生かす浅川勇人シェフが手掛けるメニューはまさに絶品。自然栽培の野菜の魅力を尋ねると、「まずは包丁を入れた瞬間、違いがわかります。細胞が緻密でずっしりときめが細かい感じ。アクやエグみがとれた深い味わいで、何より口あたりがやさしいですね」と浅川シェフ。素材を一つひとつきちんと見極めた上で切り方や加熱時間を調節するという繊細な方法で、ていねいに作られた一品一品。ゆっくり噛みしめて味わってみたい。

1階は野菜や雑貨のショップ「結市場(ゆいちば)」と菓子工房「パティスリー・ユイ」のナチュラル&ハーモニック銀座店

1階は野菜や雑貨のショップ「結市場(ゆいちば)」と菓子工房「パティスリー・ユイ」のナチュラル&ハーモニック銀座店

ハーモニーランチは季節の旬な野菜料理の盛り合わせと自然栽培米、天然醸造味噌のお味噌汁がついて1,500円

ハーモニーランチは季節の旬な野菜料理の盛り合わせと自然栽培米、天然醸造味噌のお味噌汁がついて1,500円

shop info

東京都中央区銀座1-21-13

Tel.03-3562-7720

ランチ 11:30~14:00(L.O.) /ディナー 18:00~22:00(L.O.)

日曜・月曜定休
(グラスルーツ 編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事