g14_ga4_thumbnail

 

日本人は旧暦の頃から春夏秋冬の四季だけでなく、その時々の季節の移ろいをこまやかに感じながら暮らしてきた。太陽の運行に基づいて一年を「春分」「立夏」など24に分け(二十四節気)、さらに「蛙始めて鳴く」「紅花栄う」など自然界の様子を表した言葉で72に分け(七十二候)楽しんでいたのである。現在もなじみがないように見えて、二十四節気は私たちの暮らしと深く関わっている。立春の時には「暦の上では春ですが、まだ風も冷たく」と挨拶をしたり、冬至のときはゆず湯で温まったり。季節によりそって暮らすことは、いまも昔も変わらず大切なこと。旬のものを食し、道ばたに咲いている花に目をとめ、空を見上げて雲の流れや風の動きに心をとめる。そうして自然のリズムとともに新しい季節を感じとれば、日々の生活がうるおいに満ちていくにちがいない。

二十四節気

春…立春(りっしゅん)・雨水(うすい)・啓蟄(けいちつ)・春分(しゅんぶん)・清明(せいめい)・穀雨(こくう)

夏…立夏(りっか)・小満(しょうまん)・芒種(ぼうしゅ)・夏至(げし)・小暑(しょうしょ)・大暑(たいしょ)

秋…立秋(りっしゅう)・処暑(しょしょ)・白露(はくろ)・秋分(しゅうぶん)・寒露(かんろ)・霜降(そうこう)

冬…立冬(りっとう)・小雪(しょうせつ)・大雪(たいせつ)・冬至(とうじ)・小寒(しょうかん)・大寒(だいかん)

これからの季節は…

春分(3月21日頃)…昼と夜の長さがほぼ同じになるころ
清明(4月5日頃)…すべてのものが清らかで生き生きとするころ
穀雨(4月20日頃)…たくさんの穀物をうるおす春の雨が降るころ
立夏(5月6日頃)…しだいに夏めいてくるころ
小満(5月21日頃)…いのちがしだいに満ち満ちていくころ
芒種(6月6日頃)…稲や麦など穂の出る植物の種をまくころ
夏至(6月21日頃)…一年でもっとも日が長く、夜が短いころ
(グラスルーツ 編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事