オシャレしながら社会貢献できるエシカルファッション

暮らしの中に未来の種をまく
[選ぶという種をまく]ー小さな選択が未来を変える

オシャレしながら社会貢献できるエシカルファッション

「自分さえオシャレでいられれば、 生産者や環境(地球)は無関係」というひとりよがりな考え方はもはや時代遅れ。

改まって寄付やボランティアを行うのは敷居が高いけれど、 ショッピングしながら気負わず社会貢献できるならと、エシカルファッションに注目する人たちが増え始めたのは5年ほど前。

世界的に有名なファッションデザイナーやセレブリティたちがさまざまな形で活動、 取り組みを始め話題になったことから、 日本でも多くの人たちに“エシカルファッション”という言葉が普及した。

相変わらずファストファッションは業界の中心的存在ではあるけれど、 伝統的技術を取り入れ、 文化も含めて未来へ伝える取り組みを行う企業や、 地球環境への負荷を考えた思いやりの精神でものづくりを行う作り手たちは確実に増えている。

良識にかなって生産、流通されるエシカルファッションを「選択」することで新しい未来が始まるのなら、 まずは手に取り纏ってみたい。

Copyright©PRISTINE

 
(グラスルーツ 編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事