grassroots18

最新号、vol.18のテーマは“Wonder Woman!”

躍動感あふれる表紙のイメージは、ポジティブに生きる母をイメージしています。

葉山の海を背景に、代官山&葉山にサロンを持つtriccaの毛利俊英氏が

ヘアを担当してくれました。

~新しい命を生み出してなお

好きな仕事に没頭している人生って素晴らしい。~

母親の役割もこなしながら女性として輝き続ける憧れの女性に

たどり着くために必要なのは、ポジティブに生きること。

仕事にも育児にも一生懸命に向き合っている素敵な7人の女性達を紹介します!

grassroots18

こんにちは。

グラスルーツ編集部のsatoです。

随分長いことブログをお休みしている間に、季節は巡り巡って桜の季節に。。。

毎年この時期に思うのは、東京の街中にこんなに桜の木があったんだ、ということ。

みんなが開花を待ち焦がれる頃から可憐な花を咲かせ、散ってゆくまで、1年の中でほんの2週間ぐらいの短いひとときだけしか注目されない。。。そのことを桜の木はどう思っているのかなあ、なんて。

さて、冒頭にもあるように、今回のグラスルーツのテーマは“Wonder Woman!”。

自分の好きなこと、やりたいことを仕事にしながら、子育ても楽しんでいる、そんな輝いている女性7人にフォーカスしました。

環境のこと、食の安全のこと、教育のこと。。。

今は決して子どもを生みやすい、育てやすい世の中ではないけれど、

そんな中でも母親として、一人の女性として輝く女性が沢山増えれば、

その姿を見て育つ子どもたちの未来もきっと明るいものになっていくはず。

ママたちへ、そしてこれからママになるかもしれないすべての女性に贈るメッセージです。

今回取材させていただいたのはアーティストやスタイリスト、ショップオーナーなど7人の女性たち。

7人に共通しているのは、仕事と子育て、それぞれがそれぞれの原動力になっているという点。

双方がバランスよく調和されて「自分らしさ」に繋がっているという点です。

なかには、子どもが生まれてすぐに新しいコトを始めたという方、

3人目がお腹にいながらも仕事は「攻め」の姿勢で取り組んでいきたいという方も。

まずは自分が自分の人生をきちんと生きて、その背中を見せながら子育てをする。

そんなキラキラ輝いているWonder Womanを、webサイトで4月中旬以降、順次アッしていく予定です。

もちろん他にも「食」や「感性」を育てるということ、

好奇心旺盛なママたちがおすすめするモノ、コト、ハコや、

グリーンサロンもご紹介。

どうぞお楽しみに!!
(グラスルーツ 編集部)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事